Prism Design Days

ようこそPrismブログへ!
デザイン会社スタッフ「ちょっとスゴく気になる」を
日々アップデートしています。
映画:パイレーツロック
パイレーツロック

        音楽の無い人生なんて・・・

        Rockの無い人生なんて・・・

        ・・・そう!!人生じゃないに等しい!!!!



ラジオで週に2時間しか「Rockミュージック」が流れなかった時代・・・

1966年、イギリスでは、当時そういうことだったようです。

政府がジャズ音楽を推奨していたとか・・・。マジ?

ビートルズを生んだ国は、こんなにロックに閉鎖的だったとは。

国民の半分以上から熱〜い支持を集めていた海賊放送「パイレーツロック」。
この船上を舞台に、60年代の若者たちの音楽を軸に描かれた

ラブロックコメディ

監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティスだから
こういう演出ができたんですね。

またしても、根明系イギリス映画万歳の一作登場です。

2009年10月24日より
TOHOシネマズ六本木ヒルズ、みゆき座ほか全国にて公開
2009,イギリス、ドイツ,東宝東和
© 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
| 映画・音楽・動画 | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0)
隈 研吾 氏の書「負ける建築」
負ける建築
負ける建築
隈 研吾


 日本の建築家が住宅が好きなのには、
3つの理由があるらしい。。。。

1...住宅が箱庭の役割をする→おもしろく、凝れる。

2...箱庭はコストが低いので駆け出しの建築家も注文を受けられる。

3...住宅は人生の基本!といった崇高な思想が守れる。

この3つ。

この3つに固執するため、
日本の住宅嗜好も建築家の
住宅志向も根本的な病気から脱出できなくなっていった
と、隈氏は考えたようだ。

すでにエンゲルスは『住宅問題』で、
住宅の私有が資本主義のエンジンになるだろうことを見抜いていたが

その後の日本の、建築の、・・・それは負ける建築・・・だったのか。

設計に直接関わらない人でも
好奇心旺盛な方なら間違いなく何かしらの感動を受ける書。

隈さん、やはり素晴らしく、日本人が世界に誇る建築家(思想家)です。
| デザイン本・読書・雑誌 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
オリオン座流星群
オリオン座流星群

今宵は、オリオン座流星群を肴に飲むべし。

よく見えるのは今夜0時から明け方にかけて。

秋の夜長の黄昏流星群だ。

東の夜空に注目!!
| 気分転換-コラム | 12:22 | comments(0) | trackbacks(2)
台風18号の去った空
sora20091008

日本列島を舐めるように縦断していった台風18号。

去った後の空は、やはり大掃除の後のように美しい。。。
| 気分転換-コラム | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2009 >>
RECOMMEND
110センチの視野―電動車椅子のファンキー野郎アメリカ留学激闘記
110センチの視野―電動車椅子のファンキー野郎アメリカ留学激闘記
平野 誠樹
元気や勇気、頑張れってエールを贈りたい方のギフトとしても喜ばれる本。心の栄養におすすめです!
RECOMMEND
PAPER SHOW
PAPER SHOW
株式会社 竹尾
多数のクリエイターが様々な「紙」と取り組んだコラボレーション本。デザイナーなら家宝にしてもいい一冊だ。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE